漂流コカイン6.8億円相当 不起訴処分 沖縄・慶良間沖 復帰後最多の押収量 那覇地検


漂流コカイン6.8億円相当 不起訴処分 沖縄・慶良間沖 復帰後最多の押収量 那覇地検 コカインが収められていた黒い袋(沖縄地区税関提供)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 慶良間諸島の南方約15キロの海域で昨年8月、漂流物の中から約28キロのコカイン(末端価格約6・8億円相当)が見つかった件で、那覇地検は24日、那覇海上保安部が被疑者不詳で書類送検した麻薬取締法違反容疑について、不起訴処分とした。

 1972年以降、一度に押収したコカインとしては最多だったという。