暴走行為のバイク、原付と衝突し逃げ去る 原付の男性が転倒し病院へ 沖縄・豊見城市の真玉橋交差点


暴走行為のバイク、原付と衝突し逃げ去る 原付の男性が転倒し病院へ 沖縄・豊見城市の真玉橋交差点 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 29日午前0時半ごろ、豊見城市の国道329号の真玉橋南交差点内で旋回するなどの暴走行為をしていたバイクが、同市根差部方面から真玉橋北交差点向けに走行中の原付バイクと衝突した。原付を運転していた男性(29)は転倒し腰に痛みを訴え、本島南部の病院に搬送された。命に別条はない。

 豊見城署によると、暴走行為をしていたバイクも転倒したが、運転手はすぐにバイクを起こして乗車し、そのまま329号を南風原町方面に走り去ったという。現場付近ではほかにも複数台のバイクが暴走行為をしていたとみられ、SNSで動画が拡散されている。同署はひき逃げ事件としてバイクの行方を追っている。

 SNS上では危険な暴走行為などの動画が多く見られる。県警は「暴走行為はそもそも道交法違反。他の交通にも迷惑がかかり、事故を起こす可能性があるので絶対にやめるように」と注意喚起している。