傷害の共謀認めず、20代男に一部無罪 別件で有罪判決 那覇地裁


傷害の共謀認めず、20代男に一部無罪 別件で有罪判決 那覇地裁 那覇簡裁(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

那覇市牧志の路上で2022年9月6日、ほかの男らと共謀して20代男性を暴行してけがを負わせたとして、2件の傷害罪に問われ懲役1年6月を求刑された無職の男性被告(23)=南風原町=の判決で、那覇地裁(安原和臣裁判官)は6日、1件の共謀を認めず一部無罪を言い渡した。別の1件では懲役10月、執行猶予3年の有罪判決とした。

 安原裁判官は無罪判決の理由で、被告が暴行行為をせず、犯行現場から数十メートル離れた場所で被害者の友人の近くにいたと指摘。共謀したとされた男3人が、被告に足止めするよう暗黙に依頼した事実は認められないなどと判示した。友人に通報させない状態にしたなどとする検察側の主張は退けた。

 また判決は、被告と男ら4人が当時、暴力団組員になることを目指していたものの、「検察側が主張する『暴力団特有の論理』なる曖昧で抽象的な概念を踏まえた事実認定を行うことは適切でない」とも述べた。

 那覇地検の初又(はつまた)且敏次席検事は「判決内容を精査し、適切に対応したい」とコメントした。傷害罪などに問われたほかの男3人はそれぞれ、6日までに実刑判決が言い渡された。