有料

「沖縄の民意を無視するな」 東京でデモ行進 沖縄の復帰の意義を問う 新宿


「沖縄の民意を無視するな」 東京でデモ行進 沖縄の復帰の意義を問う 新宿 復帰52年の沖縄を訴えデモ行進する参加者=18日、新宿駅周辺
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 【東京】「我々は軍事植民地を拒否する」をメインスローガンとする「復帰」52年の沖縄5・18デモ(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック主催)が18日、新宿駅のアルタ前を主会場に行われた。市民210人が集い「沖縄の民意を無視するな」と人でにぎわう街中をデモ行進して訴えた。デモ行進前には集会があった。

 農村伝道神学校(町田市)の校長、平良愛香さんが、軍事基地の加害性に言及した上で「本当に『復帰』して良かったのか。軍隊を押し付けられるのは本意ではない。改めて日本に問いたい」と語り掛けた。

 沖縄国際大名誉教授の照屋寛之さんは「元々、沖縄に基地はなかった。元の状態に戻るのが復帰の定義ならば、基地が撤去されるまで沖縄は復帰したことにはならない」と異議の声を上げた。

 (斎藤学)