<訃報>川満信一さん死去 詩人、沖縄戦後思想に影響 92歳


<訃報>川満信一さん死去 詩人、沖縄戦後思想に影響 92歳 川満信一さん
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 詩人の川満信一(かわみつ・しんいち)さんが、29日午前0時13分、那覇市泊の自宅で、肺がんのため死去した。92歳。宮古島市出身。

 告別式は7月4日午後2時から2時45分、浦添市伊奈武瀬1の7の1、いなんせ会館で。喪主は妻美恵子(みえこ)さん。

 個人詩「カオスの貌(かお)」を主宰し、詩はじめ評論、思想家として沖縄の戦後思想に影響を与えた。1952年琉球大学国文学科入学、「琉大文学」に参加した。56年沖縄タイムス社に入社。記者、「新沖縄文学」編集長、取締役など歴任した。著書、編著に「沖縄・自立と共生の思想」「琉球共和社会憲法の潜勢力」など。