芸能・文化

フランス人の残した正殿写真の資料的価値は…紹介の後田...

2020年12月1日 13:38

 琉球民族独立総合研究学会(11月14日)で紹介したフランス人のジュール・ルヴェルトガ(JulesRevertegat)が、1877(光緒3、明治10)年に琉球国で撮影した写真を取りあげる。学会では首里城正殿の大龍柱の向きを巡る議論だったが、ここでは写真と図版の...








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス