社会

首里城の大龍柱、本来の姿は? 正殿階段の手すりと直接...

2020年9月23日 05:00

 1985年から87年にかけて行われた首里城正殿跡の発掘調査で、正殿の正面階段の欄干(らんかん)(手すり)が直接、大龍柱につながっていた可能性を示す遺物が見つかっていたことが22日までに分かった。昨年10月末に焼失した正殿の大龍柱は台石の上に乗っ...








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス