有料

保育士登録の一元管理求める 浦添市議会が意見書


この記事を書いた人 Avatar photo 藤村 謙吾

 【浦添】浦添市議会(比嘉克政議長)は27日の6月定例会本会議で、保育所などで働く保育士資格所有者の登録状況を一元管理する体制を求める意見書を全会一致で可決した。

 意見書は、現在の保育士職場を取り巻く状況は「保育士の二重登録などによる補助金の不正受給の温床」になっていると問題視。「国の責任で保育士資格証を一元管理できる体制を構築し、各自治体でもチェックできる体制構築が急務」と指摘した。宛先は厚生労働相、こども政策担当相、こども家庭庁長官ら。

 保育士資格所有者が求められる職場は、保育園や学童、放課後等デイサービスなどがある。一方で補助金支給に関わる精査は各自治体が個別で行っているほか、こども家庭庁所管の認可保育園と、内閣府所管の企業主導型保育園でも制度が異なる。そのため、保育園と放課後デイサービスや、異なる市町村での保育士の重複登録をチェックする体制がない。

 (藤村謙吾)