経済

シェラトンが新ホテル 宜野湾西海岸に開業予定

 【宜野湾】シェラトンホテルなどを運営するスターウッドホテル&リゾートは7日までに、宜野湾市西海岸の都市機能用地第1街区のホテル開発計画に参画し「シェラトン沖縄宜野湾ホテル(仮称)」を開業することを決めた。

第2街区を開発中のジョイントコーポレーション(本社東京、東海林義信社長)の子会社ジョイント・ホスピタリティ(本社東京都、山下孝二社長)と宜野湾ホテル開発(本社宜野湾市、坂内誠社長)がホテルの建物を建設する。山下社長が7日、伊波洋一市長に報告した。
 スターウッド社によるとホテルは245室で320平方メートルの宴会場などを備える。2010年秋開業の予定。
 ジョイントコーポレーションは隣接する第2街区に中長期滞在型ホテル棟を建設中。商業施設も建設予定で第1、2街区を一体とした開発を目指す。6月30日付で宜野湾ホテル開発を100%子会社とし、社長にジョイント・ホスピタリティ取締役の坂内氏を就けた。
 伊波市長は「世界的ブランドのホテルが誘致でき喜んでいる。コンベンションエリアやマリーナを生かした観光拠点にしたい」と話した。
 第1街区にはホテル運営として西武グループのプリンスホテル、インターコンチネンタルホテルが参画予定だったがいずれもとん挫していた。