経済

ネット販売全国2位 レキサス「ビートマスター」

好評を得ているアプリケーションソフト「ビートマスター」を製作したレキサスの安田陽さん=26日、宜野湾市の同社

 ソフトウエア開発を手掛けるレキサス(宜野湾市、比屋根隆社長)が米アップル社の携帯電話と携帯音楽プレーヤー向けに開発したアプリケーションソフト「ビートマスター」が、アップル社のサイトApp Storeの有料アプリ販売数ランキングで全国トップ10入りし、好評を得ている。

 ビートマスターは携帯電話「iPhone(アイフォーン)」と音楽プレーヤー「iPod touch(アイポッドタッチ)」向けアプリ。メトロノームを応用したソフトで、一定のリズムに合わせて画面をたたき、リズム感を鍛えたり、採点したりできる。
 App Storeのランキングでは3日現在で全国9位。ランキングは随時更新され、2月後半は2位だった。
 もともと音楽が好きだったというレキサスの安田陽さん(41)と神谷直季さん(40)が製作した。価格は1本600円。2月1日に発売し、これまで500本を販売。3月末までに5000本販売を目標にしている。
 レキサスによるとiPhone向けソフトは現在、1万5000本以上は存在すると推定されている。安田さんは「予想を上回る売り上げに驚いている。音楽には言語も関係ない。海外にも売り込みたい」と話した。