芸能・文化

日本学士院エジンバラ公賞に西平氏 海洋博財団参与

 日本学士院は12日、学術上優れた業績に対して贈る日本学士院賞の2010年度の受賞者に、新型万能細胞(iPS細胞)を開発した山中伸弥京都大教授(47)、能楽史研究の表章法政大名誉教授(82)ら9件11人を決めた。山中、表両氏には恩賜賞も併せて贈る。

 また、自然保護や種の保全の基礎となる学術的成果に隔年で贈る日本学士院エジンバラ公賞に、西平守孝海洋博覧会記念公園管理財団参与(70)を選んだ。
 山中氏は、ほぼ無限に増殖し、さまざまな組織や臓器の細胞を作り出す能力を持つiPS細胞の開発で医学の発展に大きく貢献した。表氏は、能楽が祈りの舞中心だった初期段階から人々が喜ぶ演劇的なものへと変化した過程を解明した。
 学士院賞はほかに、宇宙が誕生直後に加速的に膨張し、直後の加熱でビッグバン宇宙になったとする理論を世界に先駆けて提唱した佐藤勝彦明星大客員教授(64)ら。
 恩賜賞・学士院賞は1910年創設。今回で100回目となる授賞式は6月に東京・上野の日本学士院で行われ、1件につき賞金100万円、恩賜賞は銀製花瓶が贈られる。(共同通信)