経済

ゴーヤー高騰単価2.7倍 5キロ2万円超、冷え込みで品不足

 昨年末からの冷え込みの影響で、県内のゴーヤー出荷量が前年同月比31%(県中央卸売市場2月実績)の水準にまで落ち込んでいる。過去最高の101億円の経済波及効果が試算されたプロ野球キャンプなどに伴う県内の需要増も相まって、同市場での2月のゴーヤー取引単価は前年の2・7倍を記録。高い物では1ケース(5キログラム)2万円超を付ける日もあり、多くのスーパーや飲食店からゴーヤーが姿を消している。

 県中央卸売市場が2月に取り扱ったゴーヤーは33トンで、前年の105トンを大幅に下回った。一方、平均取引価格は1キロ1175円で、前年同月の438円、過去3年の2月平均401円の2倍超に跳ね上がっている。
 同市場を運営する沖縄協同青果の知念正善取締役野菜部長は「ここ数年はゴーヤーの単価が落ち込んだため、農家が栽培品目を切り替え、栽培面積が減少したことも出荷量減少に影響したのではないか」と分析。「沖縄は冬にもゴーヤーを生産できる希少な産地だ。戦略品目として、この時期には全国へゴーヤーを販売してきた。供給体制をいま一度整えたい」と話した。
 名護市の「かっぽう山吹」は、プロ野球キャンプを目的に来県した観光客らを中心に、本場沖縄のゴーヤー料理が人気だったが、2月前半には仕入れ単価が例年の2倍に達し、中旬からは仕入れ自体ができなくなった。同店オーナーの新里清光さんは「量販店や直売店を回ったが、1本もない。こんなことは初めてだ」と困惑した。
(島袋良太)