地域

ペットボトル再使用を 宮古島でシンポ 被覆技術で洗浄可能に

ダイヤモンド状炭素の被覆技術について説明する慶應大理工学部の鈴木哲也教授=12日、宮古島市役所平良庁舎

 【宮古島】宮古島市(下地敏彦市長)と慶應大の共催シンポジウム「ペットボトルのリユース事業とゴミ問題解決に向けてダイヤモンド被覆技術の活用」が12日、同市役所平良庁舎で開かれた。同市内の酒造業者や清涼飲料製造業者らが参加した。

 慶應大理工学部の鈴木哲也教授が、被覆技術の説明をした。ダイヤモンドのように硬く遮断性の高い炭素(ダイヤモンド・ライク・カーボン=DLC)の膜を内部に張ることにより、ガス抜けや酸化を防いで品質を保ち、原子がまばらなペットボトルではできなかった薬品による洗浄も可能になるという。
 鈴木教授は、実験の結果などから「繰り返し洗って使っても膜には傷がつかず、臭い移りも防げた。最終的には泡盛で使ったペットボトルを洗って、次は水を入れて使うこともできるかもしれない」と話した。
 続いてDLC事業に取り組むベンチャー企業のオールテック(川崎市)の白倉昌代表が、再使用のメリットとしてペット樹脂使用量や温室効果ガス発生量を低減できると説明。再使用システム成立に向けた課題として、品質の保持や消費者が薬品や燃料など別の物を入れて使った場合の対策、回収システムの確立、コストなどを挙げた。
 質疑では、「膜ははがれないのか。飲み込んだ場合の影響はないのか」などの質問が出た。鈴木教授は「実験では繰り返し使用してもはがれたことはない。膜は炭素なので、もし飲んでも影響はない」と答えた。