教育

三線、三味線の名器紹介 横浜能楽堂で特別展

戦後本土で初公開される三線などを集めた特別展=10日、横浜能楽堂

 【東京】中国の三弦、沖縄の三線、日本の三味線を集めた特別展「楽器は語る-三線・三味線の名器を中心に」が10日、横浜市西区の横浜能楽堂で始まった。7月16日まで。同14日にはそれぞれの楽器の名手が競演する特別公演もある。

 特別展は6丁の三線を紹介。琉球王朝時代の名器「富盛開鐘(とぅむいけーじょー)」や江戸上りの際に使われた「江戸与那(えどゆなー)」が戦後初めて本土で公開された。一方、津軽三味線の初代高橋竹山が使用した三味線も紹介している。
 カンカラ三線のほか、ハワイの県系2世が親孝行にと特注した銀製の棹の三線、ペルー移民の県人が棹に牛骨を使用した三線なども展示。同能楽堂の中村雅之副館長は「楽器に秘められた物語や歴史を感じてもらいたい」と話している。