教育

全国高文祭茨城大会開幕 将棋で糸満高・小野さんベスト16

沖縄の伝統芸能の魅力を存分に発揮したパレードで観客をわかせる県合同チーム=27日、茨城県つくば市のつくばエキスポセンター

 【茨城で長浜良起】第38回全国高校総合文化祭茨城大会(主催・文化庁、全国高校文化連盟など)が27日、茨城県で開幕した。31日までの5日間、全国から集まった約2万人の高校生が23部門で日ごろの成果を披露する。県内からは16部門に35校から347人が出場する。

 同県つくば市のつくばエキスポセンターではパレードが大々的に催され、海外3校を含む57校の約2300人が沿道を彩った。県内からは西原高校マーチングバンドと南風原高校郷土芸能部による合同チームが、沖縄民謡「谷茶前(たんちゃめー)」などを演奏しながら、チョンダラーや獅子舞、琉舞などを取り入れたパレードを披露した。郷土色を爆発させた個性あふれる行進は観客の注目を集めた。先頭でチョンダラーを務めた南風原高校の上原玲香(るか)さん(2年)は「30分の演技が短く感じるほど楽しかった」と笑顔を見せた。
 同日、同県水戸市の茨城県武道館で将棋部門が開催された。84人が出場した女子個人戦で、糸満高校の小野理恵さん(3年)がベスト16に入った。男子団体戦の初戦で熊本県の玉名工業高校に勝利した興南高校の喜久山勝一(かつひと)君(3年)は「相手の動きを封じながら攻めることができた。県外の相手と対戦するのがめちゃくちゃ楽しかった」と話した。
【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス