社会

南城大里で不審火2件 室外機、空き缶燃える

南城市大里の連続不審火発生場所

 南城市大里で7日、2件の不審火が相次いで発生した。どちらも火の気のない場所で、与那原署と島尻消防本部が2件の不審火の関連性や原因を詳しく調べている。けが人はいない。

 与那原署などによると、7日午前2時ごろ、南城市大里の学習塾の敷地内で、大きな破裂音を聞いた住民が様子を確認したところ、エアコンの室外機と空き缶などが燃えているのを発見し119番通報した。同時刻ごろ、この学習塾から20メートルほど離れた場所でも積まれていた空き缶が燃えているのを近くの住民が発見した。不審火はいずれも住民が消火した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス