社会

バスレーン延長、右折・直進も変更 来月、安謝と勢理客

 国道58号のバスレーンが2月2日から延長されることに伴い、那覇市の安謝交差点と浦添市の勢理客交差点の通行帯の2カ所で、右折や直進の車線が変更される。

県交通政策課などは、延長に伴って変更される車線に関し、周知を進めている。
 右折・直進の車線を変更するのは、安謝交差点が那覇向け、勢理客交差点が浦添向けの2区間。現在、両区間とも直進できる車線が左端の第1通行帯のみだが、バスレーン延長後は第1通行帯がバス専用レーンとなる。このため現在右折車線の左から2番目の第2通行帯を直進車線に設定し、バスレーン時間帯も一般車両が直進できる車両を確保する。
 また右端の第3通行帯の右折車線を延長し、右折待ちの区間を確保することで交通渋滞などの影響を軽減する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス