社会

58号のバスレーン延長 朝は伊佐→久茂地、夕は久茂地→天久

延長された国道58号のバスレーン=2日午前8時すぎ、那覇市天久

 国道58号の那覇市―宜野湾市間で平日の朝(午前7時半~9時)と夕(午後5時半~7時)に実施されているバスレーンの区間が2日延長された。朝は宜野湾市伊佐から那覇市久茂地への南向けが現在の8・8キロから1・6キロ延長され、計10・4キロとなった。

夕は那覇市久茂地から同市天久への北向けが現在の2・2キロから4・6キロ延長され、6・8キロとなる。
 延長は1978年以来、37年ぶりで、バスの定時速達性を確保する「基幹バス構想」の一環。二酸化炭素の排出削減や県民の健康増進、交通渋滞の緩和を促し、高齢者や障がい者も安心して暮らせるまちづくりにもつなげることが狙いだ。
 2日朝は伊佐―久茂地間で延長を知らせる「バスレーンサポーター」が立ち、バスレーンの第1通行帯を走行する一般車両に対し、第2通行帯へ車線変更するよう促す場面も見られた。
 県などがバス利用促進に向けて組織している「わったーバス党」のあさとゆうこ党首、あさとばん幹事長も街頭で「バス利用は健康にもつななる。沖縄と自分のために少しでも利用してほしい」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス