政治

ウクライナ停戦へ協議 親ロ派が和平策提案か

 【ミンスク共同】ウクライナ東部の紛争収拾を目指しウクライナとロシア、親ロシア派、欧州安保協力機構(OSCE)は10日、ベラルーシの首都ミンスクで協議した。ロシア通信によると、親ロ派の代表者は、同派が軍事と政治両面の和平策を提案し、ウクライナが持ち帰り検討して回答することになったと述べた。提案の詳細は不明。

 タス通信は協議筋の話として、一定の合意があったものの、親ロ派支配地域の法的地位などで一致していないと報じた。協議参加者は会場を後にした。親ロ派は11日朝に再開予定だとしている。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス