社会

容疑者はデンマーク生まれ 首都テロ、22歳男と警察

 【コペンハーゲン共同】デンマークの首都コペンハーゲンで起きた連続銃撃テロで、同国警察は15日、射殺された容疑者について、犯罪歴のある同国生まれの22歳の男だと発表した。氏名は明かさなかった。ロイター通信などが伝えた。
 デンマーク情報機関は容疑者について、イスラム過激派の影響を受け、フランスのテロに感化された可能性があるとみている。ただ、イラクやシリアに渡航した情報はないとしている。
 警察によると、容疑者は過去に武器を所持、犯罪組織に関係し、暴力行為を働いたことがあるといい、当局が監視下に置いていた。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス