社会

「事故風化させない」 不発弾爆発の聖マタイ幼稚園に碑建立

不発弾爆発事故記念碑建立式式典で献花する園児=2日午後2時すぎ、豊見城市の聖マタイ幼稚園・園庭

 那覇市小禄の聖マタイ幼稚園近くで1974年3月2日に発生した不発弾爆発事故について、聖マタイ幼稚園園庭(豊見城市在、1989年に移転)に爆発事故記念碑の建立式典が2日、同幼稚園で行われた。園児約20人を含む約70人が参列した。

 来年聖マタイ幼稚園が創立50年を迎え、また今年戦後70年の節目となることから、一昨年から建立に向けての準備が進められていた。
 当時園長だった鬼本照男さん(86)=豊見城市=も式典に参加し「ずっと記念碑があればと思っていた。本当に良かったと思う。記念碑が平和を考えることにつながってほしい」と述べた。
 真栄城美子園長は「事件のことを風化させないこと、ここから平和を発信するという願いが記念碑には込められている。二度とこのような事故は起こしてはいけない」と述べ、平和への思いを新たにしていた。
 当時、幼稚園そばの側溝の工事の最中に不発弾が爆発した。幼稚園ではひなまつりの行事が行われていた最中で、幼児を含む4人が死亡し、34人が重軽傷を負う大惨事となった。
【琉球新報電子版】
英文へ→Monument built to honor victims of ordinance explosion at St. Matthew kindergarten



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス