社会

気象庁、一般向けHP一時ダウン 気温や予報、閲覧できず

 気象庁は16日、同庁の一般向けのホームページ(HP)に同日午前10時ごろから障害が発生し、午後1時すぎまで閲覧できなくなったと発表した。天気予報など庁内の業務で使うシステムは正常で、気象観測などに影響は出なかった。

 気象庁によると、負荷を分散するため、データは同庁のサーバーとは別の外部業者のクラウド上へコピーした上で運用している。このコピーの段階で不具合が生じたという。コピーは外部業者が担っており、詳しい原因を調べている。
 また、仙台管区気象台ではHPインターネットサイトで、誤って津波警報・注意報の発表を知らせるマークを約10分間表示させるミスがあった。
(共同通信)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス