社会

与那国で豪雨、1時間130ミリ 学校の塀が倒壊

大雨の影響で20メートルにわたって倒壊した与那国町立久部良小学校のブロック塀=19日午前、与那国町(同町役場提供)

 【与那国】八重山地方は19日午前、活発な雨雲が広がり、与那国島で1時間の最大降水量が島内での観測史上最高の130・5ミリを記録した。大雨の影響で久部良小・中学校のブロック塀が一部で崩れたほか、道路が一時冠水した。19日夜には沖縄本島中北部で大雨洪水警報が発令された。沖縄気象台によると、20日には前線が沖縄地方に接近するため、大雨が予想される。

 与那国町によると、町立久部良小学校と中学校のグラウンドに接するブロック塀がそれぞれ約20メートル、約40メートルにわたって崩れた。川が氾濫して町道が冠水し一時通行止めになった。けが人、家屋の被害はない。
 石垣島地方気象台によると、与那国空港で午前4時6分までの1時間に最大降水量130・5ミリを観測した。与那国町では記録的短時間大雨情報が出ていた。
 気象庁は西日本から東日本の太平洋側を中心に20日にかけて激しい雨が降る恐れがあるとして、落雷や突風、河川の増水などに注意を呼び掛けた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス