社会

那覇ハーリー 泊が3年ぶり優勝

那覇ハーリー最終日、会場を沸かせた「本バーリー」=5日午後、那覇市の那覇港新港ふ頭(屋嘉部長将撮影)

 爬竜船(はりゅうせん)をこいで豊漁や海の安全を祈る伝統の第41回「那覇ハーリー」は最終日の5日、メーン行事の「本バーリー」が行われた。会場の那覇港新港ふ頭には家族連れなど9万5千人(主催者発表)が訪れ、心地よい海風を受けながらハーリーや花火などを楽しんだ。開催3日間の来場数は計21万人に上った。

 久米、那覇、泊の3チームが競う本バーリーでは、泊が序盤のリードを守り切り2012年以来、3年ぶりに優勝した。泊の頭、糸数太志(ふとし)さん(38)は「とてもうれしい。チームワークが良かった。連覇へ向け来年も頑張りたい」と笑顔を見せた。
 一般レースの優勝はAブロックが空自レキオウイング(5分09秒75)、Bブロックは那覇消防局(4分54秒72)だった。
英文へ→Naha Harii dragon boat race




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス