社会

「ゴーヤーの日」を宣言 南風原でセレモニー

5月8日の「ゴーヤーの日」をアピールするさんご保育園の園児ら=8日、南風原町のJAおきなわ南風原ファーマーズマーケット「くがに市場」

 【南風原】ゴーヤーの日の8日に合わせて「ゴーヤーの日」セレモニー(県農林水産物販売促進協議会主催)が、南風原町のJAおきなわ南風原ファーマーズマーケット「くがに市場」で開かれた。県内外での消費拡大を目的に「裏ゴーヤーの日」の8月5日まで、県内各地でPR活動を展開する。

 同協議会会長の砂川博紀JAおきなわ理事長が「ビタミン豊富で健康野菜として愛されるゴーヤーの消費拡大に全力を注ぎたい」とあいさつ。浦崎唯昭副知事が「ゴーヤーの日」を宣言した。南風原町のさんご保育園の園児らがエイサーを披露し、ゴーヤーの日をアピールした。
 袋いっぱいにゴーヤーを購入した城田ルミ子さん(40)=宜野湾市=は「今日は家で料理し、あしたは家族の弁当のおかずにしたい」と話した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス