社会

米兵、飲酒絡み逮捕また3人 那覇、2日間で5人

 那覇市で31日未明、米兵による飲酒運転などの逮捕が3人と相次いだ。同市内では30日にも米兵が酒気帯び運転と飲酒検知拒否で2人逮捕されており、週末に米軍関係者の摘発が5件と多発した。

 那覇署は午前3時25分ごろ、那覇市泉崎の市道で酒気を帯びた状態で車を運転したとして道交法違反(酒気帯び)の容疑で在沖海兵隊キャンプ・フォスター所属の3等軍曹(24)を現行犯逮捕した。同署によると、3等軍曹は「アルコールは抜けていると思って運転した」と容疑を否認している。
 同署は那覇市前島で午前3時56分ごろ、飲酒検知を拒否したとして道交法違反(飲酒検知拒否)の疑いで在沖海兵隊キャンプ・フォスター所属の中尉(27)を現行犯逮捕した。同署によると中尉は「何も悪いことはしていない」と検知を拒否したという。
 同署は午前4時48分ごろ、那覇市泊の国道58号で酒気を帯びた状態で車を運転したとして在沖米軍海兵隊伍長(21)を道交法違反(酒気帯び)の疑いで現行犯逮捕した。伍長からは基準値の約2倍のアルコールが検出されたが「アルコールが残っている自覚はない」と容疑を否認しているという。那覇署によると伍長は逮捕前に那覇市牧志で事故を起こしており、ひき逃げの可能性もあるとみて調査している。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス