社会

南大東島沖に三陸町の漁船 津波被災、県内に5件目

北港に陸揚げされた漂流船「栄冨久丸」=18日、南大東島北港(池田羊子通信員提供)

 18日午後3時25分ごろ、南大東島の北港沖約500メートルの海上で、転覆状態で漂流する小型漁船を南大東村役場の職員が発見した。同役場の作業船が陸揚げした。中城海上保安部が登録番号を確認したところ、東日本大震災の津波で流された漁船「栄冨久丸」だと判明した。

漁船の所有者は岩手県三陸町の70代男性。県内での被災漁船発見は5件目となる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス