社会

韓国MERS、死者29人に増加 楽観論撤回、感染確認180人

 【ソウル共同】韓国保健福祉省は25日、中東呼吸器症候群(MERS)に感染した男女2人が24日に死亡し、感染者の死者が29人になったと明らかにした。感染確認者も1人増え180人になった。

 韓国では新たな感染確認が相次ぎ、拡大が続いている疑いが強まっている。「情勢は落ち着きつつある」と先週分析していた保健福祉省当局者は、24日には「何とも言えない」と楽観的な見通しを撤回。
 これまでに1万4千人以上を隔離対象にしてきたが、対象者以外の感染が次々判明している。多数の人と接触した後で感染が分かった人もおり、拡大を止められるか予断を許さない状況は変わっていない。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス