社会

宮崎駿さんが久米島に子ども施設建設 2年内の完成目指す

映画監督の宮崎駿さんが久米島町に建設する施設イメージ図=久米クリエーション・田場勝治さん作

 【久米島】アニメ映画監督の宮崎駿さんが、久米島町の銭田森林公園内に「子どもたち向けの交流拠点施設」を建設する計画を進めている。約3億円をかけて施設を建設し、町に寄贈する考えで、町が公園の一部約1万平方メートルを提供する。「自然の木々や岩を最大限に生かし、子どもたちが伸び伸びと遊べる公園」をコンセプトに2年以内の完成を目指す。

 町、地元デザイン業者と宮崎氏の友人で事業総責任者となる堀野富洋氏が24日に銭田公民館で住民説明会を開き、計画概要を説明した。
 計画名は「風の帰る森プロジェクト」。豊かな自然が残る久米島で島内外の子どもたちが共に遊び、学ぶことで、たくましく生きる力を身に付けてもらうことが目的だ。
 約30人を受け入れられる2階建て施設の建設を予定している。宿泊も可能で、図書館も設置する予定。島の子どもたちが利用できる児童館的役割も担う。延べ床面積は約1千平方メートルの計画。
 昨年末、施設建設を発案した堀野氏が、宮崎氏と役場職員の間を仲介して計画が始動した。施設建設に向けた企画・調査は町のデザイン会社「久米クリエーション」が手掛けた。今後、町はプロジェクトチームを立ち上げ、施設周辺の環境整備計画などを話し合い、計画を支援する方針。【琉球新報電子版】
英文へ→Internationally acclaimed anime director Hayao Miyazaki to build facility for children in Kumejima



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス