社会

花火1万発、夏を彩る 海洋博サマーフェスティバル

1万発の花火が夜空を飾った海洋博サマーフェスティバル=18日午後8時15分ごろ、本部町の海洋博公園(屋嘉部長将撮影)

 【本部】海洋博公園サマーフェスティバル2015「第37回海洋博公園花火大会」(同実行委員会主催)が18日夜、本部町の同公園であった。県内各地から約4万1300人(主催者発表)が訪れ、真夏の空を彩る1万発の花火を見上げた。

 イルカやウミガメなど海の生物をかたどった花火が初めて登場。150メートルにわたって空中に火花が走り、滝のように落ちる「ナイアガラ」が飛び出すと歓声が上がった。この日は正午から水鉄砲合戦など子どもが楽しめるさまざまな催しが行われた。
英文へ→Showcase of 10,000 fireworks at Ocean Expo Park