地域

空手本場で身心鍛錬 仏愛好家ら修行に汗

沖縄を訪れ、空手の技術を磨いたフランスの空手指導者ら=19日、南風原町与那覇の沖縄松濤館

 【南風原】本場沖縄の空手道と古武道を学ぶため、フランスの空手指導者や愛好家が19日来沖した。一行は22日まで南風原町の沖縄松濤(しょうとう)館(春田憲佑館長)道場などで稽古し、修行に汗を流した。

沖縄の子どもたちとの文化交流や観光を含め、25日まで滞在する。
 沖縄を訪れているのはフランス中西部の地域で空手道に励む、男性8人と女性5人。参加者の最年少は13歳のウォンダ・ドゥペェブさん。鹿児島出身の鹿島幸子さん(44)と夫で空手指導者のファブリス・マエさん(44)の呼び掛けでメンバーが集まった。
 鹿島さんは2009年に沖縄を訪れ、春田館長(71)と知り合った。「今回、指導を依頼し、快く受け入れてもらった。大変ありがたい」と感謝した。
 黒帯のジョン・クリストフ・パーコーさん(44)は空手歴17年で、4段の腕前。フランスで弟子を指導し、空手の普及に努めている。「沖縄は空手発祥の地であり、いつか訪れたいと思っていた」と感激した様子で語り、「本物の技に触れ、自分に足りない技術を学びたい」と意欲を見せた。
 沖縄松濤館で19日に行われた稽古では、春田館長から正座やおじぎ、2人一組の正拳突きなどの基本姿勢を学んだ。
 指導した春田館長は「空手に対する熱い思いが伝わった。精神を鍛えるのが空手であり、同時に技術も磨いていってほしい」と期待を込めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス