社会

戦没者の追悼祈る ダバオで追悼式

家族らの冥福を祈り手を合わせる参列者ら=26日、フィリピン・ミンダナオ島ダバオ市の「沖縄の塔」

 【フィリピン・ダバオ市=大嶺雅俊】太平洋戦争の激戦地、フィリピン・ミンダナオ島ダバオ出身者らでつくる県ダバオ会(山入端嘉弘会長)は26日、旧日本人ミンタル墓地「沖縄の塔」で法要慰霊追悼式を開いた。

県内外の遺族や現地関係者ら約70人が参加し、菓子や果物などを供えて戦争で命を落とした肉親や親類らの冥福を祈った。
 参列者は70年前の家族らとの別れを思い返しながら、じっと手を合わせていた。山入端会長は弔辞で「亡くなられた皆さまに変わり、私たちはこの第二の故郷を訪れ続けるだろう」と述べた。
 【琉球新報電子版】
英文へ→Memorial service held for Okinawan immigrants killed in Davao during World War II



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス