社会

一日神が厄払い、豊年願う 国頭村安田でシヌグ

一日神となって集落の厄をはらい、豊年を願う住民ら=15日午後、国頭村安田

 【国頭】国の重要無形民俗文化財に指定されている国頭村安田の伝統祭祀「シヌグ」が15日午後、安田地区で行われた。断続的に雨も降る中、地域住民らの男たちが花やワラで編んだ冠をかぶって山に入り、つる草やシダなどの草木を身にまとって「一日神」となった。その後に下山して厄を払い、豊年を願った。

 シヌグは「ウフ(大)シヌグ」と「シヌグングワァー(小)」が1年ごとに交互に行われ、ことしは「ウフシヌグ」の年となっている。
 男たちは正午ごろ、集落内の「メーバ」「ヤマナス」「ササ」の三つの山に分かれて入った。一日神となって大太鼓のリズムに合わせ、厄や悪霊を集めて退散させる意味を込めた「エーヘーホーイ」の掛け声を繰り返し、山で取った草木で地面をたたく「スクナーレ」などをしながら集落を練り歩いた。
【琉球新報電子版】
英文へ→Shinugu animistic festival held for a good crop and perfect health