政治

若者ら安保法案廃案で連帯訴え シールズ琉球が街頭行動

 安全保障関連法案や名護市辺野古への新基地建設に反対する県内の学生らの団体「SEALDs RYUKYU(シールズ琉球)」が23日午後0時45分すぎから、北谷町のカーニバルパーク美浜前で安保法案に反対する街頭行動(集会)を開始した。午前11時前から県内の学生ら若者が多数集結し、安保法案の廃案に向け県民の連帯を訴えた。【琉球新報電子版】



SEALDs RYUKYU(シールズ琉球)が安保法案に反対する街頭行動を開催=8月23日午後2時ごろ、北谷町のカーニバルパーク美浜前 #SEALDs RYUKYU #シールズ琉球 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス