社会

2500人、安保法案反対訴える 沖縄大行動 辺野古新基地にもノー

 安全保障関連法案に反対する県民集会「戦争法案廃案! 辺野古新基地建設断念! 安倍政権退陣! 8・30沖縄大行動」が30日夕、那覇市の与儀公園多目的広場で開かれた。主催者発表で2500人が参集し、安保法案廃案と名護市辺野古への新基地建設に反対の声を上げた。

 集会では「政府は民意に、戦争法案を廃案にし、辺野古新基地建設を断念せよ。そして安倍政権は直ちに退陣せよ。新たな戦前を絶対につくらせない。私たちが戦争しない未来をつくる」とするアピール文を採択した。
 国会周辺で10万人を目標とした大規模集会と連動した全国一斉行動の一環で、安保関連法案に反対する県民集会としては7月31日に続いて4回目。
 県選出の国会議員や弁護士、政治学者らのほか、安保法案に反対する県内学生のグループ「SEALDs(シールズ)琉球」の代表も登壇して、ラップのリズムに乗せた掛け声(コール)を上げた。
【琉球新報電子版】

戦争法案反対沖縄大行動=30日午後5時55分ごろ、那覇市の与儀公園 #戦争法案反対沖縄大行動 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


安保法案反対や辺野古新基地建設反対を訴える8・30沖縄大行動の参加者=30日午後5時10分、那覇市の与儀公園

クリックで拡大(PDFファイル2.6MB)


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス