社会

不発弾処理1700人避難 那覇市与儀、患者ら保健所に

 那覇市与儀1丁目の宿泊施設新築工事現場でことし8月に見つかった米国製5インチ艦砲弾(直径12・7センチ、長さ44センチ)の不発弾処理が4日午前10時ごろ、同所で行われた。陸上自衛隊が信菅離脱処理を行い、午前10時31分に処理が完了した。被害は確認されていない。

 処理現場を中心に半径156メートルの約1710人(約610世帯74事業所)が避難対象となった。うち57人が那覇市保健所に避難した。午前9時50分から14カ所で交通規制が実施され、県道222号などの一部区間が通行止めとなり、バスは迂回(うかい)運行した。

 避難対象の区域内には病院や高齢者向け住宅もあり、スタッフらの助けも得ながら避難所や建物内の避難区域外に避難していた。


英文へ→Unexploded ordnance disposal in Naha City forces 1,700 people to evacuate


避難所に移動するため車いすで車に乗り込む患者ら=4日午前8時すぎ、那覇市与儀のセントラル病院

処理壕で信管処理の準備をする自衛隊員ら=4日、那覇市与儀の不発弾処理現場


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス