社会

戦前・戦時下の台湾・フィリピン 特別企画展

特別企画展の資料に見入る来館者ら=9日午前11時半ごろ、糸満市摩文仁の県平和祈念資料館

 【糸満】県平和祈念資料館の第16回特別企画展「戦後70年伝え残す記憶 ウチナーンチュが見た戦前・戦時下の台湾・フィリピン」が9日、同館企画展示室で始まった。12月10日まで。入場無料。

 戦前に台湾とフィリピンに移り住んだ県出身者の暮らしや戦争・引き揚げ体験を伝える写真や証言、実物資料など計350点を展示している。展示は「近くて遠い台湾~蓬莱の島とともに」と「砲弾と飢えと不安の中で~異国のふるさとダバオ」の2部構成。
 開会式で國仲功館長は「沖縄戦から視点を広げ、戦前と戦時下の台湾とフィリピンを取り上げた。海を渡りたくましく生きた人々の足跡と悲惨な戦争体験を知り、平和への思いを深めてほしい」とあいさつした。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス