県内で初の女子軟式野球大会開催

  こんなに仲間が増えました-。女子軟式野球チームの第1回大会は20日、佐敷町の新開多目的広場で行われた。参加したのは県内女子野球の草分け・キャプスレディスを筆頭にレッドコメッツ、ブルームス、クリードプリンセス、メイプルスの5チーム。いずれも「野球が好きで好きでたまらない」女性たちの集団。「ドキドキ、ワクワク」して大会に臨んだという各チームのメンバーは、勝敗はもちろんだが、それより何より「プレーができる」楽しさに満ちあふれていた。 どのチームも主婦を中心に編成され、年齢も40歳代後半から中学生までと幅広く、職業も様々だが、共通しているのは「小さいころから野球が大好きだった」こと。 普天間智恵子さん(クリードプリンセス)は「野球をしたくてもチャンスがなかった」と、この日を心待ちにしていた一人。「育児から手が離れた主婦が多く、中にはお孫さんのいる人も」と話すなど、いかにも楽しそう。ブルームスのエース・野原美夏江さんは「とにかく野球が好きだった、やりたかった。夫も応援に来てくれました」と、念願かなって満足気な表情だった。 「まず野球のスケジュールを決めてから、家事やその他の予定をたてる」と言うのはキャプスレディスの比嘉ひとみさん。同チームは県内女子野球チーム第1号だけに、仲間が増えたことに大喜び。「この大会をきっかけに、中北部でもチームができたら、女子野球が盛んになると思う」と期待を込めて話していた。 この女性たちの熱意に、県野球連盟も審判の手配から大会運営まで全面的にバックアップ。自らスコア係をかってでた平山良会長は「野球が盛んになるのはいいこと。せっかくチームができたのだから、しりすぼみにならないよう手助けしたい」と笑顔をのぞかせた。