有料

「おかねもちになりたい」「パン屋さんになりたい」短冊に願い ゆいレール駅で「七夕イベント」 沖縄


「おかねもちになりたい」「パン屋さんになりたい」短冊に願い ゆいレール駅で「七夕イベント」 沖縄 ささに思い思いの願い事を書いた短冊を飾るみのり幼稚園の園児ら=21日、那覇市の沖縄都市モノレール首里駅
この記事を書いた人 Avatar photo 狩俣 悠喜

 「おかねもちになりたい」「もでるになりたい」―。7月7日の「七夕」に向けて、沖縄都市モノレール(ゆいレール)は21日、浦添市の幼保連携型認定こども園「みのり幼稚園」の園児ら54人を那覇市の首里駅構内に招いて七夕イベントを開いた。

 園児らは願い事を書いた短冊をささに飾り、「たなばたさま」などの歌を元気よく歌ってイベントを楽しんだ。

 イベントに参加した飯島紗江ちゃん(5)は「パンが好きだから」と話し、短冊に「パン屋さんになりたい」と書いた。上原豊太朗ちゃん(6)は「足が速くなりたいと書いた。そのためにいっぱい鬼ごっこして走る」と笑顔で話した。

 同社はモノレールを利用する客に七夕を楽しんでもらおうと、全駅に星形の付箋紙とホワイトボードを用意した。利用客は願い事をボードに貼り付けられる。7月7日まで。

(狩俣悠喜)