有料

宇都宮市と友好都市に うるま、来月3日に調印式


宇都宮市と友好都市に うるま、来月3日に調印式 宇都宮市との友好都市提携を発表する中村正人うるま市長(前列左から3人目)ら=6月27日、うるま市役所
この記事を書いた人 Avatar photo 福田 修平

 うるま市は6月27日、栃木県宇都宮市と産業や文化芸術の普及推進などで協力する友好都市提携を結ぶことを、同市役所で発表した。8月3日に宇都宮市で開かれる「ふるさと宮まつり」に合わせて締結の調印式を実施予定という。

 うるま市のうるマルシェ運営会社のファーマーズ・フォレスト本社が宇都宮市にあることなどから交流が生まれ、提携に結びついた。両市はこれまで、それぞれの市で物産展の開催や、エイサーの派遣など交流を続けてきた。宇都宮市のプロスポーツチームがうるま市にキャンプなどの目的で訪れていた。

 今後は、宇都宮市の次世代型路面電車(LRT)を提携記念のラッピングにすることや、カクテルが有名な宇都宮市でうるま市産品を使用したコラボカクテル作成などを計画している。

 うるま市・宇都宮市友好都市実行委員会委員長を務める、中村正人うるま市長は「これまで多くの場面で関係性を構築してきて、ようやく提携に結びついた。両市の発展のため全力を尽くしていきたい」と笑顔を見せた。

(福田修平)