有料

藤原、悪条件下でも大会新 円盤投げ記録1メートル以上を更新 <秋季県民体育大会>


藤原、悪条件下でも大会新 円盤投げ記録1メートル以上を更新 <秋季県民体育大会> 男子円盤投げ 大会記録となる52メートル21を投げる藤原孝史朗(沖縄市)=(屋嘉部長将撮影)
この記事を書いた人 Avatar photo 屋嘉部 長将

 第75回県民体育大会秋季大会が25日、宮古島市と石垣市を主会場に各競技が行われた。宮古島市陸上競技場で開かれた陸上では男子30代走り高跳びで上原晋之助(宮古島市)が2メートル03を成功させて、30代の県記録と大会記録を更新し、優勝した。男子円盤投げでは藤原孝史朗(沖縄市)が52メートル21、男子1500メートルでは外間勇太(浦添市)が3分55秒60、男子110メートル障害で新崎宇宙(南城市)が14秒64を出してそれぞれ大会新記録を樹立して頂点に立った。非採点競技のトランポリン男子は東正悟(スポーツクラブKENKEN)が84・685点、同女子は又吉夢奈(ケンケン体操クラブ)は83・530点でそれぞれ頂点に立った。自転車競技の8キロスクラッチで久貝一心(北中城高1年・うるま市)が1位、チームスプリントは那覇市(伊藤疾風・井上幸洋・中鶴友樹)が頂点に立った。


 円盤投げでは不利とされる追い風の中でも、昨年自身が出した大会記録を1メートル以上も更新する52メートル21の新記録を出した。藤原孝史朗(沖縄市)は「悪条件の中でこれだけの記録を出せたのは納得できる」と手応えを感じているようだった。

 ファウルすることなく、5投目までに50メートルを超えてきた。記録を狙いにいった6投目は、ターンのスピードを上げていき、円盤をいい位置でキープできてリリースした。

 これまでは前半にいい記録を出せても、後半はメンタル的な弱さもあり、後半にほかの選手に抜かれることもあった。今大会は最終投てきで記録を出せたことに満足する。

 今季は今回が最後の大会。大学4年だが、卒業後も競技を続ける予定で、この冬もトレーニングを積んでいく。来季は序盤から県記録(54メートル25)の更新を目指す。「55メートル以上投げられるようにし、日本選手権でことしの6位以上を取りたい」とさらなる高みを目指す。

 (屋嘉部長将)