伊江島土地闘争 (いえじまとちとうそう)

 米軍の土地接収に対する住民の反対闘争。1954年6月20日、米軍が4戸の家を立ち退かせたのが発端。その後ブルドーザーで家屋や飲料水、洗濯用の貯水タンクなどを破壊、畑は作物ごと掘り起し、土地を奪った。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス