沖縄角力 (おきなわずもう)

 大相撲とは異なり、最初から四つに組んで帯をつかんでから勝負を開始する。相手の背中を土俵につけた方が勝ち。試合の途中に組手を外して逆手を取ったり、手で相手の技を封じたりしてはならない、とされる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)