「挑戦シリーズ」 (一財)沖縄観光コンベンションビューロー 観光人材の質向上へ マッチング・助成で支援

 観光立県沖縄のさらなる飛躍を目指し、沖縄県と(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(平良朝敬会長・以下OCVB)は観光業に携わる企業・団体を対象に「企業研修の支援」事業を実施しており、人材育成及び語学研修への各種支援を行っている。事業の柱は企業と講師をつなぐマッチング支援と研修費の助成。狭義の観光業だけでなく、観光客が多く訪れる施設や店舗等も対象に加え、国内外の観光客が満足する質の高いサービスを提供できる人材育成をサポートする。

 当事業の要となるのが、インターネット上に設立された「沖縄観光人材育成マッチングサイト 育人(はぐんちゅ)」だ。このサイトには幅広い分野の専門家90名以上を講師として登録しており、様々なニーズに対応している。



 研修の実施を希望する企業は「育人」で英語研修、異文化理解など希望の講師を選び、サイトから申込みを行う。希望する研修の内容や日程等について講師が実施可能と判断すれば、講師から企業に連絡が入りマッチング完了となる。講師は企業が抱える課題や要望に応じてオリジナルの研修を組み立てる。今年度は接遇・マナー、管理職リーダー研修、現場に即した英語、中国語研修などが多く行われた。




~ 研修の様子 ~



東村ふるさと振興(株)の接遇マナー研修(講師:小那覇りお氏/全1回:全2時間)。顧客満足度の向上を目指し実施。お客様への接客対応を見直す良い機会になった。



マリンプロモート協会のリスクマネジメント及びPWCレスキュートレーニング(講師:音野大志氏/全5回:全50時間)。危機管理や救助技術に関する技能を向上させることで、安全性が高まり、トラブルへの対応力がついた。




 また、OCVBでは講師の選択についての相談も随時受け付けている。自社にあった講師や研修の判断に迷った場合は、講師の紹介も可能だ。今年度はタクシー事業者から「世界に通用する乗務員を育成したい」との要望を受け、業界特性なども考慮し適切だと考えた講師を紹介し、研修につなげた。OCVB担当者は「研修の内容や講師の選定などご相談のうえ、最適なマッチングができるよう支援します」と話す。

 今年度の当事業の助成額は、講師謝金が1時間あたり上限7700円。地域観光協会と地域医師会は11000円だ。また、講師の航空運賃とフェリー代も実費を助成するので、県外から講師を招へいする場合や離島の企業・団体も制度を活用しやすい。

 OCVB受入推進課の小橋牧さんは「人材不足が深刻な今だからこそ、人材育成は大変重要。ぜひこの制度を活用して人材育成と社員一人一人の生産性向上につなげてほしい」と呼び掛けた。



おもてなし英語講座I

リウボウインダストリー
実践重視でやる気向上


人事部採用教育課 照屋力専任マネージャー


ロールプレイングで英語でのおもてなしを学ぶ受講者=2019年1月、那覇市久茂地のリウボウインダストリー

 弊社では全館にて外国人観光客が急増する中で、英語での接客・ご案内業務を満足に提供できていないという課題がありました。その対応策として、講師との打ち合わせを重ね、昨年9月から3カ月間全10回、現場で使える基礎的な英語研修を実施しました。

 研修では、商習慣の違い、免税手続きの方法、フロアご案内、お断りの仕方など基礎的な部分から、各売り場でよくある質問への答え方など、すぐ生かせる英語を中心に学びました。参加者が現場で学びを共有することで全体の英語力底上げにもつながっています。もちろん10回の講習会で満足に話せるようになるわけではありませんが、自ら進んでコミュニケーションをとろうとするスタッフが増えたことが、何よりの研修の成果だと思っています。

参加者 泉弓子 営業部ヤング・キャリア課課長

 英語はかなり苦手ですが、館内でお困りのお客様をご案内できるようになりたいと思い参加しました。基本のフレーズや丁寧な表現など実践的な英語を学ぶことができ、外国人に話しかけるハードルが下がったことが一番の収穫でした。



現場に即した研修を

講師 諸見里ミリア氏(アンテナ プロジェクト・マネージャー)


 言語は一夜にして学べるものではありませんが、接客に特化した英語ならばある程度選択して学ぶことができます。今回リウボウさんは基礎的な英語の研修を希望されました。来店するお客様の目的は買い物することと明確なので、まずは現場でよく使うフレーズを覚えてもらい、張り紙などを使って分かりやすく表示したり、よくあるやり取りを単語帳にまとめて手元に置くなど、すぐできる対応策なども紹介しました。30年間接客を続けていたベテランでも外国人が増えたことで強いストレスを感じる人も多いそうです。流ちょうに話すことではなく、苦なくコミュニケーションをとることを目的に研修を進めました。

 「おもてなし英語」と聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、文法的に間違えていても、単語のみでも、声のトーンや笑顔で丁寧さは表現できます。実際にロールプレイングで、表情やジェスチャーで受け取り方がどう変わるかを実感してもらいました。

 観光客が多く訪れる現状は喜ばしいことですが、現場が対応できず疲弊してはいい循環は生まれません。スタッフのストレス軽減のためにも利益向上のためにも、ぜひ企業の実情に沿った研修を取り入れてほしいです。




食のアレルギー対応

国頭村観光協会
学び深め安全性高める


民泊担当 仲本美智子さん


 国頭村、大宜味村、東村の3村合同で教育民泊を受け入れています。何らかのアレルギーのある生徒が増える中、安全に事業を進めるために民家と事務局の観光協会がきちんとした知識を得たいと思い、田村磨理先生に全4回の研修をお願いしました。基礎的なアレルギーの知識や緊急時対応、重いアレルギーのある生徒への配慮などの座学と、代替食による献立作成、アレルギー対応食の調理実習と深く学ぶことができました。


調理実習に参加した受講者たち=2018年8月、国頭村奥間の国頭村観光協会

 特に献立作成ではアレルゲンを使わないようメニューは吟味しても、意外と調味料は気にかけていなかったという声もあり、原材料表示を確認することの大切さを再認識しました。また調理器具の洗浄方法なども体験し、調理実習では卵や小麦など代表的なアレルゲンを使わず調理する方法を教えてもらいました。民家としてはアレルギーがあってもみんなと同じメニューを食べさせてあげたいという気持ちが強いので、調理実習は大変好評でした。

 国頭村は医療機関が少なく、夜だと名護市まで行って病院にかかるか、救急車を呼ぶしかないという状況があります。今までここでは一度もアレルギーによる事故はありませんが、これまで民家も事務局も不安を抱えながら手探りで進めていました。今回研修でアレルギーについて総合的に学ぶことができ安心につながったと思います。今後も研修を重ね学びを深めていきたいです。



無理せずできる範囲見定めて

講師 田村磨理氏(アレルギー対応沖縄サポートデスク理事)


 現在、小・中・高校生の約5%に何かしらの食物アレルギーがあり、それは年々増加傾向にあります。沖縄でも食物アレルギーへの対策は避けて通れないものです。特に昨今は教育民泊が大変人気ですが、受け入れる民家が食物アレルギーの対応に強い危機感を抱いている現状もあります。一昨年までは基礎的な講習を希望されることが多かったのですが、去年からは実際に食事の作り方や代替食など数回にわたって総合的な支援を希望する企業が増えています。

 アレルギーの重症度や症状は一人一人異なり、日頃は問題なくても旅行という非日常では疲れて症状が出ることもあります。安全性を高めて早めに対応していくことが大切です。私が一番重視しているのは受け入れる民家が無理しないこと。旅行社や事務局の観光協会は現場の声を集めて自分たちができる範囲を線引きする必要があります。今は民家への講習会が多いですが、情報共有のためにも今後は事務局への講習にも力を入れたいと考えています。

 県やOCVBが積極的に啓発活動を行う沖縄県は全国的に見ても食物アレルギー対策の先進県です。アレルギーについて学ぶことは子どもの命を守ると同時に自分たちの身を守ることにつながります。アレルギー対応に悩んでいる企業は、この事業を活用して課題を洗い出して解決につなげてほしいです。




琉球新報 × ラジオ沖縄
3/1(金)「ユーグラデーションタイムチョイス!!2部」も聴いてね♪



radiko

パソコンはradiko.jpで検索、スマートフォンはradiko.jpアプリをダウンロード。

1.タイムフリー → 2.ラジオ沖縄 → 3.2019年3月1日 → 4.18:30「ユーグラデーションタイムチョイス!!2部」

radiko.jp
radiko.jp
開発元:radiko Co.,Ltd. 無料
posted withアプリーチ
 
 
 
 

supported by (一財)沖縄観光コンベンションビューロー