Bリーグ史上初20万人達成、キングスのシーズン来場者 熱い声援、日々増す「キングス愛」


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
ホーム最終戦で勝利したキングスの選手らに熱い声援を送るブースター=30日、沖縄市の沖縄アリーナ(ジャン松元撮影)

 プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデンキングスは30日、沖縄市の沖縄アリーナで大阪エヴェッサに勝利し、西地区優勝へのマジックを1とした。Bリーグ史上初となるシーズン来場者数20万人も達成。この日集まった8113人のブースターは熱い声援を送り「キングス愛」を確かめた。

 チャンピオンシップ(CS)に向けた「団結の力」Tシャツや、ユニホームを身に着けたブースターが選手の活躍に声援や拍手、指笛で応えた。連休中ということもあり、家族連れも目立った。廣瀬奏汰さん(9)は「田代直希選手の3ポイントが格好良かった」と選手の活躍を目の当たりにし、喜んだ。

 史上初の20万人達成に「バスケ熱が伝染している」と盛り上がりを実感したのは比嘉久美子さん(34)。「選手から愛をもらっているから返したい」と「キングス愛」は日々増している。

 Tシャツ、かばん、靴までキングスグッズでそろえた仲村北斗さん(21)は「CSに向けて負けられない。今度こそ日本一しかない」と応援の熱は冷めない。西地区の優勝、CSでの日本一に向けてブースターの「団結の力」は強まるばかりだ。
 (金盛文香)