社会

白バイ女性、日々奮闘 沖縄県警3隊員、切磋琢磨

女性白バイ隊員の(右から)神里阿侑香さん、宮本亜依さん、大城梓さん

 交通違反を取り締まる県警の交通機動隊。その交機隊の主役である白バイ隊に3人の女性隊員がいる。神里阿侑香さん(23)と宮本亜依さん(25)と大城梓さん(24)だ。

 重量230キロの白バイを乗りこなすため、早朝から自主練習に励み、勤務時間後も日が暮れるまで白バイにまたがる3人。「疲れ切って夜ご飯が食べられないこともある」(大城さん)ほど毎日はハードだ。

 日々の取り締まりの中では、女性隊員としての苦労もある。神里さんは、取り締まった相手に「なんだ女か」と言われたことがあるという。感情的に詰め寄られることもあるが、交通安全のためにルールがあることを相手に理解させるため、毅然(きぜん)とした態度は崩さない。

 女性隊員の仕事に取り組む姿勢に、男性隊員も刺激を受けているようだ。交機隊の宮城理副隊長は「自分たちも負けられない、という気持ちが芽生えてきたのではないか」と、切磋琢磨(せっさたくま)し合う雰囲気が生まれたことを喜ぶ。

 白バイ隊員として「取り締まった相手が納得し、逆に感謝されるような隊員を目指したい」と口をそろえる3人。県民の安全を守るため、今日も路上に繰り出す。