ホームタウン沖縄市へ市制施行50周年記念ユニフォームを贈呈


この記事を書いた人 Avatar photo PR TIMES

琉球ゴールデンキングス


 この度、琉球ゴールデンキングスは、ホームタウンである沖縄市が市制施行50周年を迎えるにあたり、記念ユニフォームを贈呈いたしました。
 7月9日(火)に、沖縄バスケットボール株式会社代表取締役社長 白木享、取締役 安永淳一、#14岸本隆一選手が沖縄市を訪問し、記念ユニフォームをお渡ししました。

 これからもキングスは、「沖縄をもっと元気に!」という活動理念のもと、ホームタウン沖縄市をはじめ地域社会の活性化に寄与できるよう努めて参ります。

▽平田嗣巳 沖縄市副市長
 毎年プレッシャーがかかる中でも、素晴らしい成績をおさめていて、沖縄市の皆さまや子どもたちは地元のチームであるキングスの活躍や勝利に元気や勇気、たくさんのパワーをもらっていると思います。
 新シーズンも変わらず応援しております。

▽沖縄バスケットボール株式会社 代表取締役社長 白木享
 7月1日からキングスの18シーズン目が始まりました。新しい選手を迎え、新たなチームで始動します。
 新シーズンも変わらず沖縄市の皆さまに応援していただけるよう、頑張ってまいります。

▽沖縄バスケットボール株式会社 取締役 安永淳一
 昨シーズンは天皇杯とBリーグともに準優勝の結果となりました。全国のBリーグのチームがキングスを倒すべく挑んでくる中でも首位争いを続けていて、選手たちがとても頑張ってくれていると感じています。
 ただ、戦うからには優勝を目指していかなければならないと思っているので、沖縄市市制施行50周年に華を添えられるように頑張りたいと思います。
 新シーズンのユニフォームは、沖縄市花のハイビスカスを取り入れたデザインにしました。沖縄市の皆さまの思いを背負って戦っていきます。

▽#14 岸本隆一選手
 昨シーズンはあと1勝のところで優勝をつかむことができませんでしたが、何度も悔しい思いを一緒に共有することができて、今となっては良い時間を過ごすことができたと感じています。
 キングスは悔しい思いをする度に何度も立ち上がって、立ち向かい、強くなってきたと思っています。バスケットボールを通してさらに皆さまと一致団結して戦い、次は市制100周年に向けて一つ一つ積み上げていきたいと思っています。新シーズンも応援よろしくお願いします。

 贈呈したユニフォームは本日7月9日(火)より、沖縄市役所1階のショーケースにて展示されます。

沖縄市公式サイト:沖縄市市制施行50周年記念
https://www.city.okinawa.okinawa.jp/50th/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ