精拓生技が沖縄で席巻!KOZAROCKS 2024で最高栄誉を受賞


この記事を書いた人 Avatar photo PR TIMES

Everiii & Partners International Co. Ltd
精拓生技が沖縄で席巻!KOZAROCKS 2024で最高栄誉を受賞

2024年7月6日、沖縄スタートアップエコシステム (Okinawa Startup Eco System) 主催の一年に一度の大イベント「KOZAROCKS 2024」が盛大に開催されました。本イベントの一環であるスタートアップピッチコンテスト「KOZAROCKS PITCH AWARD」には、日本国内外から9社のスタートアップが参加しました。台湾の精拓生技(CancerFree Biotech)と台湾智慧駕駛(Turing Drive)は優れたプレゼンテーションを披露し、精拓生技は最高賞の「KOZAROCKS AWARD」を受賞、台湾智慧駕駛は「GxPartners Award」を受賞しました。
KOZAROCKS 2024:沖縄を新創魂で満たす

沖縄最大のスタートアップイベントであるKOZAROCKS 2024のテーマは「Bankoku Shinryo – 沖縄をアジアと日本の架け橋に」。日本国内外のスタートアップと投資家が交流する場として注目を集めました。イベントでは、台湾チームの声麦無線(VM-Fi)が提供するAI同時通訳ソリューションがリアルタイム翻訳をサポートしました。


(図説1_KOZAROCKS 活動現場写真)

台湾スタートアップの躍進:精拓生技が最高賞を受賞

「KOZAROCKS PITCH AWARD」は、沖縄創業生態系統が主催し、ResorTech EXPO 2024 in Okinawa、株式会社eiicon、GxPartners、野村證券株式会社およびOISTイノベーション(OIST Innovation)の協賛で実現しました。OISTイノベーションは沖縄科学技術大学院大学(OIST)に所属し、日本政府全額出資で運営されています。OISTは70%以上の国際研究者を擁し、ノーベル賞受賞歴もある最先端の学術研究機関です。
精拓生技は、体外個別化腫瘍細胞解析技術により、患者と医師が最適な治療戦略を見つける手助けをしており、その技術力が認められ「KOZAROCKS AWARD」を受賞しました。精拓生技のCEOである陳柏翰氏は、脳腫瘍患児を支援する臨床成功事例を発表しました。また、彼らの「Little Star」プロジェクトは、12歳以下の子どもたちに無料の癌治療薬検査サービスを提供しています。精拓生技は7月下旬に開催されるBIO Asia-Taiwan 2024にも参加予定で、関心のある市民や専門家はさらに詳しい情報を得ることができます。


(図説2_精拓生技CEO陳柏翰がプレゼンテーションで臨床成功事例を紹介)


(図説3_精拓生技チームがKOZAROCKS AWARDを受賞:左はGxPartnersのパートナー兼CEO岸原稔泰、右は精拓生技CEO陳柏翰

台湾智慧駕駛(Turing Drive)は、実用的な自動運転ソリューションを開発し、機能型車両メーカーに信頼性の高い自動運転技術を提供しています。同社は顧客のニーズに合わせてセンサーやコンピューティングプラットフォームを選定し、モジュール化された運営管理システムを提供することで、顧客の研究開発コストを大幅に削減し、迅速な製品のスマート化を実現しています。これにより、ピッチコンテストで「GxPartners Award」を受賞しました。


(図説4_台湾智慧駕駛チームがGxPartners AWARDを受賞:左はGxPartnersのパートナー兼CEO岸原稔泰、右は台湾智慧駕駛の顧客マネージャー熊可晴)

2024日本・台湾イノベーションサミット:Startup Island TAIWANが9月に東京で開催

Startup Island TAIWANは、今回の活動を通じて台湾のスタートアップチームを支援し、9月には東京都庁と共同で「2024日本・台湾イノベーションサミット」を開催する予定です。ジェトロ(日本貿易振興機構)、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行(SMBC)、および各大商社との連携のもと、「Together, Go Big」をテーマに、台湾と日本の間の協力をさらに強化し、スタートアップ企業が両国市場に進出するための橋渡しを行います。これにより、台湾のスタートアップ企業が国際舞台での競争力と革新力を示し、国際的な協力と交流の新たな機会を創出します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ