info

加盟店探訪【食事処 石川さん家】味量満足、タン塩定食

2022.07.27

シェア

 北部看護学校の向いにある食堂「食事処 石川さん家」は、ボリューム満点の肉料理が人気です。オーナーの石川愛子さん(62)は、出身地のうるま市石川で18年間パーラーを営業したあとに、現在の場所に移転しました。店舗を構えて今年で14年目。店内は近隣の学生や地元客、修学旅行生でにぎわいます。


一番人気のタン塩定食


 一番人気のメニューは、通常の食堂では見かけない「タン塩定食」(750円)です。タン塩は名護市食肉センターから直送された新鮮な肉を使用し、肉厚でジューシーです。煮込みソーキや目玉焼きもセットに含まれていて、食べごたえ十分です。


定食メニューについてくる煮込みソーキ


チーズカレー焼きそば


地元の名護そば麺を使用した「チーズカレー焼きそば大」(800円)とタコミートがたっぷりかかった「タコそばセット大」(700円)は、麺を食べた後に追加ライスを注文することで、ソースと混ぜて二度楽しめます。


女性におすすめ、てびち定食のお肉


テビチに加え、豚テール(豚の尻尾)とソーキがセットになった「てびち定食」(850円)はコラーゲンたっぷりで、特に女性にお勧めです。


左から娘の宮城薫利さん、石川愛子さん、孫の宮城幸大さん


【会員特典】
お菓子(おまかせ)をサービス
 ※会員カードまたはりゅうちゃんクラブアプリの会員証をご提示ください




取材:喜納高宏通信員