政治

那覇市長選 10・21

10月21日に投開票される那覇市長選は、同14日に告示され、前県議の翁長政俊氏(69)=自民、公明、維新推薦、現職の城間幹子氏(67)の2氏が立候補、一騎打ちの選挙戦に突入しています。城間氏は、1期目で取り組んだ協働によるまちづくりについて「さらなる高みを市民と目指す」として、子どもの貧困対策や中小企業支援などを掲げています。翁長氏は、県議や自民党県連会長を務めた実績から国からの財政移転推進を強調しており、「支援が必要な市民に届く市政をする」と子育て支援や雇用対策を訴えています。琉球新報では那覇市長選に関連する記事を特集コーナーの「那覇市長選 10・21」にまとめますので、投票の参考にぜひご覧ください。 

10月21日投開票の那覇市長選挙に向けて、琉球新報では、市長選立候補予定者への質問や要望を受け付けます。要望や質問は後日紙面で掲載します。寄せられた疑問の一部は立候補予定者に質問し、その回答を紹介します。

 

那覇市長選の立候補予定者への質問や要望を「りゅうちゃんねる」までお寄せください。

アクセス方法

下記のリンクからLINE@「琉球新報」を友だち追加して、質問をお寄せください。

https://line.me/R/ti/p/%40rbt4298m